So-net無料ブログ作成

ドリパケライト改造中 その3 [WareHouse / 倉庫]

今回はステアリング機構です。

この部分、今回の工作の中で一番悩んだところです。
なぜ悩んだかといいますと、なんと言ってもステアリングロッドの素材が
デルリン製だからです。

デルリンは接着剤が使えませんので、何か形状を追加するのが難しいのです。

とりあえずサーボホーンにΦ2.0mmのプラ丸棒を取り付けました。
UP472.jpg
プラ丸棒に0.8mmのピンバイスで穴を空けて、サーボホーンと一緒に付属していた
タッピングピスでとめてやりました。
その上から付け根の部分に瞬間接着剤で補強。
このプラ丸棒をうまく引っ掛ける形状をロッドに追加してやらなきゃなりません。

先ず考えたのがこの方法
UP473.jpg
ロッドに穴を空けてアルミのカラーと共にM2のねじを貫通させ、裏側でナット締め。
UP474.jpg
こんな風に引っ掛ける構想なのですが・・・
UP475.jpg
カラーが太くて、フロントバルク内はワンウェイチューブで一杯なので、舵をきると
ワンウェイチューブに内部で当たってしまいます。

そこでカラーを細くしてみました。
UP476.jpg

UP477.jpg
これでも干渉が発生します。

さて・・・どうしたものか・・・
そこでプラのアングル材を使って作ってみました。
UP478.jpg
固定は2mm丸棒を貫通させて半田ごてで丸棒の先端を溶かして溶着。
UP479.jpg

かなり薄く作れました。
フロントバルク内の干渉も解消できました。
UP480.jpg

これでステアリング周りの役者は揃った感じです。



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。